PCバッテリーの劣化を防ぐ

ノートパソコンのバッテリーは、2?3年もするとかなりへたってきます。通常はACアダプタを利用、たまに持ち出しというパターンが多いかと思いますが、ちまたでは、バッテリーをつけたままACで使うのは良くないとか何とか。

曖昧な知識を正そうと検索で調べたら、日経パソコンのページで見つかりました。

要点としては、

  1. 満充電状態を避け、80%程度までで充電を止める。
  2. ACアダプタ利用時はバッテリーを取り外す。
  3. 長期間外してあるバッテリーは容量50%の状態で、5?20℃までの日の当たらない涼しい場所に保存する。

ということです。1に関しては、Let's Noteでそんなエコノミーモードがあるというのは聞いたことがありました。2ではACアダプタ利用時、バッテリーをつけていると(普通は付けていると思いますが)、満充電→少し使う→満充電のサイクルを繰り返し、バッテリーを激しく傷めるそうです。

しかしノートパソコンのバッテリーは、UPS(無停電電源装置)的に利用できますし、何かの記事では外しておくと「端子の酸化が悪影響」と書いてあったのを覚えています。

しかしながら、やはり上記の1?3は理にかなっているのではないかなと思いますので、試しに実践してみようと思います。

バッテリー延命術・劣化を防ぐ実践編

カテゴリ:

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: PCバッテリーの劣化を防ぐ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.3re.jp/mt3re/mt-tb.cgi/22

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、サンレシステムが2008年3月10日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さくらインターネットの問題点」です。

次のブログ記事は「うっかり情報漏洩-Word/Excel文書の危険」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.22-ja