ログファイルの手動でのスリム化

レンタルサーバーのXREAやcoreserverのログをスリムにするスクリプト「slimLog」ですが、こちらはサーバーに置いて毎日自動でスリムにしてもらうというものです。毎日朝の5?7時にスリム化を実行しますが、前日のログのみを処理します。

ということで、スクリプト設置前のログもスリム化したい方へ、私が行ったログのスリム化の手順をご紹介します。

マルチバイト文字対応版 GNU sedを入手

上記フリーソフトを下記のページよりダウンロードして下さい。

Vector:sed(MS-DOS / ユーティリティ)

圧縮ファイルを解凍して好きな場所においてください。

ログファイル準備

サーバーからスリム化したいログをダウンロードして、先ほど解凍したsed118フォルダに入れます。

sed118フォルダ

複数のログを一括で処理する場合は、事前にログファイルを結合しておきます。単純にメモ帳でコピペして結合するもよし、コマンドプロンプトを利用するのもOK。コマンドプロンプトはVistaなら下記の様に起動。すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトでもOK。

コマンドプロンプトの起動

コマンドプロンプトでのコマンド例は下記の通り。(必ず事前にcdコマンドにて、sed118フォルダまで移動しておくこと。)

copy blog.3re.jp.* blog.3re.jp_.log

ファイルの結合

結合したログファイルはsed.exeと同じフォルダに移動しておきます。

削除用sedコマンドの作成

sedを使って、あるキーワードを含む行を取り除く場合の書式は以下の通りです。

sed -e /削除したいキーワード/d 元のファイル名 > 削除後のファイル名

1行に1つの削除キーワードを書き、ファイル名を連番にして、キーワードの数だけ、メモ帳等に準備します。例えばログファイル名がblog.3re.jp.logで、削除キーワードを4つ決めた場合は下記の通り。テキストファイルとして保存しておくと次に使うときに便利です。

sed -e /.googlebot.com/d blog.3re.jp_.log > blog.3re.jp_01.log
sed -e /.crawl.yahoo.net/d blog.3re.jp_01.log > blog.3re.jp_02.log
sed -e /msnbot/d blog.3re.jp_02.log > blog.3re.jp_03.log
sed -e /favicon.ico/d blog.3re.jp_03.log > blog.3re.jp_04.log

sedを使ってスリム化

準備しておいた上記コマンドを全てコピーして、コマンドプロンプトにペーストします。すると下記の様に、同じフォルダに各キーワードを削除してスリムになったファイルができます。各ファイルのサイズを見れば、どのキーワードでスリムになったかもわかります。

スリム後のファイル一覧

カテゴリ:

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ログファイルの手動でのスリム化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.3re.jp/mt3re/mt-tb.cgi/26

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、サンレシステムが2008年11月 1日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アクセシビリティチェックサイト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.22-ja